配置確認~地縄~

現場で最初に行うことは仮設計画と、建物の位置出し作業です。

配置図を確認しながら、建物の出隅・入隅にピンを打ち込んでいきます。

それを線で繋ぐと建物の形になります。

この作業の事を地縄張りといいます。後日地鎮祭の時にお客様に実際の建物の位置や大きさを確認していただくためのものです。

確認いただき、地鎮祭も済むと基礎工事がはじまります。

関連記事

  1. つばめ巣立つ 

  2. 内部天井の下地組

    ~美しい仕事~

  3. 年末の大掃除

  4. 蜜柑の収穫

  5. つばめの雛

    つばめの雛

  6. 熱中症対策